スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*尾瀬・2回目*

8/3~8/4と、一泊で尾瀬に行ってきました。

ラッシュ家、ついにテントを購入したので、尾瀬でテント泊の練習です。
購入したのは、モンベルの「ステラリッジ2型」
山岳用テントなので、お値段そこそこしましたが、テント&テント用マット&シュラフ(シュラフは元々持っていましたが)合わせて、山小屋に2人で4泊したと思えば、元が取れるかな。

朝4時出発で、福島側の尾瀬の入り口、桧枝岐村の御池を目指します。
同じ福島県なのに、うちから4時間もかかります。
尾瀬はやっぱり「遥かな尾瀬」なのです。

250808_1.jpg
左がミラクルさんの50リットルバックパック。
右がロコさんの43リットルバックパック。
どちらもパンパンで、ミラクルさんのが20キロぐらい。ロコさんのが13キロぐらい。

今回一番心配だったのが、この重量のバックパックを背負って歩けるのか!?と言うこと。
とくに体力・筋力どちらもまったくないアタシは、ドキドキものです(汗

尾瀬は、群馬側から入れば見晴のキャンプ場まで、最初に下りがあるだけで後は平坦なのですが。
福島側から入ると、2回ほど峠越えがあり、けっこうアップダウンがあります。
特に尾瀬沼~見晴に抜ける白砂峠は、足場の悪い急傾斜の沢状の道。
まぁ、ダメなら途中で戻ってこようと、出発~!

250808_2.jpg
沼山峠は、ずーっと木道敷きのゆるやかな峠越え。
なんとか行けそう~^^

小一時間ほど歩くと、大江湿原に出ます。
250808_3.jpg
前回来たときは、ここはニッコウキスゲが満開でした。

250808_4.jpg
オヤマリンドウ

250808_5.jpg
コオニユリ

尾瀬沼畔の山小屋群の休憩所で、小休止。
なんとここの売店では、アイスが売ってますw
物資をヘリ輸送してるからできるワザですねw
ラッシュ家も、せっかくなのであずきモナカアイスを買って食べました。

って、なんかヘン(汗
フラフラするよ?(超汗
重いバックパックを降ろすと、なんだかクラクラします・・・。
肩の辺りで止まっていた血が、一気に腕に流れるせいか、ちょっと貧血気味に。
ミラクルさんも、同じ状態だったのですが。
元々貧血のヒドイアタシは、顔色が青くなるほどで、心配したミラクルさんが先に進まず戻ろうと言い出します(汗
10分ほど休憩したら、だいぶ良くなったので、途中で調子悪くなったら正直に言う・・・と言うことで、また歩き始めます。

尾瀬沼のほとりをまた小一時間ほど歩くと、沼尻の休憩所に到着。
250808_6.jpg
さっきの状態で学習したので、今度はバックパックを降ろしてもすぐ動かないで、数分落ち着くまでじっとしていました。おかげで今回は貧血起こさずにすみました^^
ここの休憩所では、軽食が取れます。
この先の長丁場に備えて、早めのお昼ご飯。
きのこうどんと、焼きおにぎりを注文。とても美味しかったですw

ここからは、今回一番の難所、白砂峠越えです。
さすがに、写真撮ってる余裕もなく・・・(苦笑
でも、ちゃんとコースタイム通りに、見晴キャンプ場につきました!

250808_12.jpg
燧小屋で、キャンプの受付を済ませます。
料金は、1人800円なので、2人分で1600円。
山小屋に泊まると、2人で2万円ほどかかります。

さて、今日の我が家のお宿、ちゃんと設営できるでしょうか(小声
家の中で1回は試しに設営してみましたが、ペグダウンするとこまではやってないので、ドキドキです。
今のテントって、簡単なのです!アタシらみたいな初心者でも、10分もかからないで設営できるのです!

お家が出来上がったので、さっそく中に入って休憩ですw
夏場の繁忙期で、昨日まで激務だったのにも関わらず、アタシのせいで休日まで早起きさせられこんな重労働をさせられたミラクルさんは、とりあえずお昼寝タイムです。

長くなるので、折りたたみ。
続きは、↓から~。

more...

スポンサーサイト
プロフィール

ロコ・スプラッシュ

Author:ロコ・スプラッシュ
イケメンが大好きな、
ノーキン志望のヘタレ軍人です。

フリーエリア
カレンダー(月別)
07 ≪│2013/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。