スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*木曽駒ケ岳*

また山日記です。
休みが取れないと、クサクサしていてもつまらないだけですね。
なので、先々週の連休、思い切って遠出してきました。
ミラクルさんは、土・日・月と3連休。アタシは土曜日は午前中勤務なので、アタシの仕事が終わってから、一路長野へ。

東北道~北関東道~上信越道~長野道~中央道と乗り継いで、木曽駒ケ岳登山の旅です。
初日は、移動のみ。松本でいったん高速を降りて、日帰り入浴施設でお風呂と晩ご飯。
その後もう一度高速に乗り、駒ヶ根IC近辺のPAで、車中泊です。
コレが、大失敗・・・。
24時間オープンのコンビニのあるPAで、何かと便利かな~と選んだ場所だったのですが、ビックリするぐらい小さなPAで、駐車場のすぐ後ろを本線がビュンビュン走っています(汗
だ、大丈夫かな~・・・と一瞬ひるんだのですが、まぁ大丈夫だろうと高をくくって就寝。

はい・・・アタシは案の定、一睡も出来ませんでした(号泣
ミラクルさんは、そこそこグッスリ寝れたようです。

むむむ、この寝てない状態で、登山なんかして大丈夫なのか!?(超汗>アタシ
しかも、今回の山は行程は全然キツくはないけど、ラッシュ家初めての標高!
寝不足で、高山病とか大丈夫かな~・・・。

とドキドキしながら、コンビニでおむすびや、スポーツドリンクを購入して、駒ヶ根ICへ。
木曽駒ケ岳に登るには、駒ケ岳ロープウェイに乗らないといけません。
そして、そのロープウェイに乗るには、菅の台バスセンターと言うところから、シャトルバスに乗らないといけないのです。菅の台バスセンターからロープウエイ乗り場の「しらび平」までは、一般車両通行禁止です。

情報集めをしていたときに、この駒ケ岳ロープウェイ・・・恐ろしい混雑ぶりだそうで(汗
ヒドイときには、なんと
3時間待ち!
なんて事態もあるそうなのです(恐

なので、バスの始発時間AM5:15より全然早く、AM4:20頃にはバスセンターに到着しました。
でもでも・・・うほっ、もう長蛇の列!(汗
そしてまだ続々と集まってくる人々・・・。
アタシは、30分も前に行けばいいんじゃないの~?なんてのんきに構えていたのですが。
ミラクルさんは、そんなの甘い!と。ミラクルさんの言うこと聞いて、この時間到着にしてよかった(小声

バスセンターのチケット売り場で、往復のバス代と、往復のロープウェイ代を支払います。
ロープウェイ往復:2200円
バス往復    :1600円
チケットは、一枚で全部がセットになっていて、大人一人分が3800円。
3800円×2人分=7600円
駐車場代=500円
〆て、8100円。
ラッシュ家の財布、既に瀕死です!(号泣

あまりの混雑ぶりに、通常バスもロープウェイも30分間隔なのですが、この日は9分間隔で運行するとのこと。おまけに、始発も15分繰り上がって、5:00に。
それでも、一台目のバスには乗れませんでしたが(涙

バスに乗ると、バスが一台ようやく通れる舗装道路を、どんどん登っていきます。
菅の台バスセンターが、標高約850m。しらび平のロープウェイ乗り場が、1600m。
バスだけでも、かなりの標高を登っていきます。

250927_19.jpg
すし詰め状態のロープウェイ。
約7分で、なんと標高差950mを一気に上ります。
日本最高の高低差だそうです。
ロープウェイは2台稼動していて、丁度中間地点ですれ違うのですが、そのすれ違う速さが尋常じゃないですw
アナウンスで、すれ違いますよ~と言われて、そっちを見ていると、いつすれ違ったのか分からないくらいの速さで、あっという間に通過しちゃいますw

さて、上駅の千畳敷駅に到着。
この時点で、すでに標高2600m!ラッシュ家、初体験の高度です!

まず、街側の景色を見にデッキに出てみます。
250927_1.jpg
おぉぉぉぉ~!
眼下に広がる駒ヶ根の街並。
そして、そのはるか上に、南アルプスの山々。
そしてそして!その南アルプスの山越しに、なんと富士山のアタマがちょこんと顔を出しています!w
写真じゃ小さくてわかりにくいですが、丁度真ん中あたりに富士山が顔を出しています。

大絶景にしばし見とれた後、今度は山側に・・・。
250927_2.jpg
おぉぉぉぉ~!
アタシの安物のデジカメでも、こんな絵葉書みたいな写真が撮れちゃいますw
ここは、千畳敷カールと言って、氷河が削ってできた圏谷(けんこく)です。
ここまでは観光客の人もたくさん来ています。(なんとホテルまであるのです!)

30分ほど、コーヒーを飲みながら、高度順応も兼ねて休憩。
寝不足の不安を抱えながら、登山開始(汗
正直、既に体調が悪いアタシ・・・。
もうここまででもいいじゃない・・・と言うミラクルさんに、やばかったら正直に言って引き返すから・・・と約束して、とりあえず行けるとこまで行ってみようと。

250927_3.jpg
最初は、観光客の人も歩く遊歩道から。
遊歩道と言っても、足元けっこう悪いので、サンダルでは危ないですね~。

250927_4.jpg
この八丁坂と呼ばれる急坂を、約40分ほど登ります。
登山者の列が、点々と見えますね~。
急坂だけど、道はしっかり整備されていて歩きやすいです。

ただ!
さすが、2600m↑の標高・・・。
ちょっと登ると、めっちゃ息が切れて、心臓がバクバクします。
空気が薄いのですね~。
(ミラクルさんは、全然余裕みたいですが・・・)

250927_5.jpg
ロープウェイの駅と、ホテルが見えます。

坂を登り切ると、乗越浄土(のっこしじょうど)と呼ばれる平坦地に出ます。
250927_6.jpg
宝剣岳。
ゴッツゴツの岩峰です。高所恐怖症のアタシには、無理な山です(涙
よーく見ると、人一人がやっと立てる程度の頂上の岩の上に、人が立っています。
高いところが好きな人には、たまらないんでしょうね~(遠い目

250927_7.jpg
こちらは、前岳方面。
さすがに、日本アルプスの山。東北の山にはないスケール感です。

250927_8.jpg
山小屋に、ヘリがやってきて、荷降ろし。
この後も、15分置きくらいに、何度も何度もやってきていました。
荷揚げするのも、大変ですね~。
こういう人たちのおかげで、みんな山小屋で生ビールが飲めたりするのですねw
(下戸のラッシュ家には、無縁ですケド・・・)

250927_9.jpg
宝剣岳アップ画像。
岩、岩、岩!
頂上の向こう側はもっとスゴイらしく、滑落事故も多いそうです・・・(落ちたら見つからないこともあるとか・・・)

ここでついにアタシの体調が、最悪になってしまいました(号泣
休憩中のチョコレートも食べれないくらい、気持ちが悪い・・・。
ミラクルさんに、ここまで来れただけでも充分じゃん・・・となぐさめられながら、目の先には先に続く稜線が・・・。
折角ここまで来たのに、頂上まで行けないのか~、と凹むことしきり。

頂上まで行かないのなら、お腹空いたし、もうここで食べちゃうよ、とミラクルさんがカップヌードルを作り始めました。
さっきまで気持ち悪かったのに、なんだか美味しそう(小声
ミラクルさんが作ったカップヌードルを一口、また一口!と貰って食べているうちに。
なんと、ロコさん、完全復活!w

長くなるので、折りたたみ。
続きは、↓からどうぞ~♪

more...

スポンサーサイト
プロフィール

ロコ・スプラッシュ

Author:ロコ・スプラッシュ
イケメンが大好きな、
ノーキン志望のヘタレ軍人です。

フリーエリア
カレンダー(月別)
08 ≪│2013/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。