スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*栗駒山*

今年は本当に野暮用が多くて、山に行く暇もあまり作れず・・・。
ブログを書く暇どころか、PC起動する時間もあまり取れません(涙
町内会の役員が思った以上に面倒くさく、10月~11月にかけて、3週連続で町内会の用事や行事で日曜が潰れるとか、ありえないんですけど;;
アタシは日曜しか休日がないので、その日曜が潰れると本当に困ります・・・。
まぁ、でもこの先はあまり行事もないみたいだし、もうちょっとのガマンだと思ってがんばります(汗

そんなわけで、だいぶ前の話なのですが、9月28日に宮城県と秋田県の県境にある「栗駒山」に行ってきました。
月曜ですが有休取って出かけました。今年は有休もまだ2日しか取れてません;;
日曜に登山して、月曜はのんびり休んでたほうが本当は体は楽なのですが、この時期栗駒山は紅葉シーズンで、登山口の須川温泉は、観光客もたくさん来るので、ものすごく渋滞するそうなのです。
だから、あえて平日に行くことに。

自宅を早朝に出発し、東北道で一関まで。2週連続で、岩手県入りですw
一関から、厳美渓方面へ。厳美渓・・・一回行ってみたいと思っているのですが、今回は時間がないのでパスです。
空飛ぶ団子が有名だそうで、見てみたい~w

一関から、国道342号をくねくね登っていくと、小一時間で須川温泉に到着。
時間が早いので、大きな駐車場には、まだそれほど車は止まっていません。
身支度を整えていると、おばさま2人に「これから栗駒山に登るのか」と聞かれます。
そうですよーと答えると、どうやらどこかで道を間違えたらしく、思っていた登山口と違うところに来てしまったそう。
同じ山でも、登山口というのは、あちこちにあって、いろんな登り方ができるのです。

おばさまたちは、こっちからだと急だし、道もいまいちよく分からないとかなんとか、ぶつぶつおっしゃってましたが・・・。
そのあと、小さい声で「着いていけば大丈夫じゃない・・・?」と言うのを、ラッシュ家は聞き逃しませんでした!
のんびり静かな山登りがしたいし、だいたい着いてこられても責任持てないし・・・(汗
なわけで、おばさまたちがトイレに行ってる間に、さっさと出発しました(鬼
山は自己責任です。他人まかせで登ったりしてはいけません!
道が分からなくて自信がないなら、登るのを辞めるか、ちゃんと道の分かる登山口から登るべきです。
だいたい、地図も持たずに来たんでしょうか・・・。

271106_1.jpg

須川温泉のすぐ脇に登山口があります。
温泉の湯気が、もうもうとたちこめています。下山後が、楽しみだ~^^

271106_2.jpg
最初は、木のトンネルの中を、ゆるーく登っていきます。
ただ、道が水たまりになっていたり、ぬかるんでたりで、けっこう歩きにくい・・・。

271106_3.jpg
すぐに、名残ヶ原という湿原に出ます。
正面に見える山が、栗駒山。
いいお天気で、とっても綺麗~^^

名残ヶ原に案内板があり、コースが書いてあります。
当初は、往復同じコースをたどる予定だったのですが、ミラクルさんが周回コースにしようと。
時間計算しても、あまり差はなさそうだったので、周回してみることに。
自然観察路コースから山頂を目指し、須川コースを降りてくることにしました。

自然観察路コースは、まず川の渡渉から始まります。
川を越えていくと、静かな登山道が始まります。このコースあまり人気ないのか、誰もいません・・・w

271106_4.jpg
紅葉が綺麗です。
真っ盛りには、若干早いみたいですが、天気もいいし、充分です^^

271106_5.jpg
頭上は、紅葉のトンネル。
本当に気持ちいい~。
胸いっぱいに、すがすがしい空気をたっぷり吸いこみます^^

271106_6.jpg
もっともっと赤くなるようですが、これでもいい感じです。

271106_7.jpg
山頂が見えてきました。
最後はちょっぴり急坂です。

しかし・・・本当に誰とも会わない・・・。
ここまで歩いてきて、やっと一人すれ違いました。

271106_8.jpg
遠くにかすんで見えるのは、鳥海山(ちょうかいさん)
かちょいい独立峰です。

271106_9.jpg
歩いてきた道を振り返ると、気持ちのよさそうな草原が広がっていました。
避難小屋なんかも見えるのですが、どうやらそっち方面のコースは今は廃道になってるみたいです。
栗駒山は、宮城県の栗原市の近くで、地震のたびに一番被害の大きい場所なのです。
国道も崩落したりして、しばらく通行止めになっていたみたいなので、登山道にも影響があったのでしょうか・・・。

271106_10.jpg
最後の急坂を登りきると、山頂広場に出ます。
平日ということもあって、年配の人しかいませんw
いいな~、休み関係なく、天気のいい日に山登りできて。アタシも早く定年退職したいですw

271106_11.jpg
あと10日もすると、もっと赤くなって見ごろなんでしょうか。
紅葉日本一の名を持つ山です。ガイドブックには「絢爛豪華」とまで書いてありましたw

山頂は、風が強くて寒いので、コーヒー飲んだら早々に退散です。

下山は、須川コースへ。
しばらくは、稜線歩きです。風が強くて、寒い~。
登山道は整備されていて、階段状になっているのですが、水たまりやぬかるみで、とっても歩きにくい・・・。
ミラクルさんは、滑って尻もちをついてしまいました;;
靴に泥がついているので、石の上や階段の木枠を踏むと、ツルツル滑るのです・・・。

歩きにくい道が途切れると、昭和湖に出ます。
271106_12.jpg
草津白根山の湯釜みたいな色。

さっきからずっと、頭上をヘリが飛んでいます。
麓の温泉のほうからは、消防車のサイレンの音が鳴り響いています。
もしかして、遭難?!

昭和湖には、トイレがあるのでお借りしたのですが・・・。
トイレの帰り、木道を歩いていると、ヘリが飛んできたので、思わず見とれていて木道を踏みはずし、脛をしこたまトイレ棟の脇のコンクリートに打ち付けてしまいました(号泣
交通事故に見とれていて、自分も事故ってしまうという、よくあるアレですね(涙
大けがしなくて、よかったです・・・自分もヘリ搬送されるとこでした(小声

ミラクルさんいわく、誰かケガでもしたのか、ヘリで救出、搬送されていたそうです。
警察ヘリなら無料ですが、民間ヘリだと200万~300万円かかります(小声
ラッシュ家は、万が一のときのため、山岳保険に加入しています。300万も払えません;;

271106_13.jpg
昭和湖からは、ゼッタ沢という沢沿いの道を下ります。

271106_14.jpg
沢の水は、温泉成分のせいで、白濁しています。
触ってはみなかったけど、もしかしてあったかいのかな~?

271106_15.jpg

最後に樹林帯を抜けると、名残ヶ原に戻りました。

須川温泉の駐車場に戻ってびっくり!
平日だというのに、駐車場はびっしり満車状態。

以前からあこがれていた栗駒山荘の温泉に入りたかったのですが、車で移動して栗駒山荘の駐車場もいっぱいだと、どうにもならなくなりそうだったので、温泉道具を持って歩いて移動です・・・。
目と鼻の先でしたけどw

栗駒山荘の写真を撮り忘れたので、URLをw
栗駒山荘

栗駒山荘も、大混雑w
日帰り入浴の券売機の前ですでに渋滞しています。
お風呂もすごいのかな~と覚悟していたのですが、意外にも洗い場待ちすることもなく、気持ちよく入浴できました^^
温泉は白濁だし、露天風呂は何度も見て憧れていた写真の通りで大満足!
いい温泉でした~♪



スポンサーサイト
プロフィール

ロコ・スプラッシュ

Author:ロコ・スプラッシュ
イケメンが大好きな、
ノーキン志望のヘタレ軍人です。

フリーエリア
カレンダー(月別)
10 ≪│2015/11│≫ 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。