スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*筑波山*

那須茶臼岳に上った翌週、またまた月山を狙っていたのですが、やっぱり天気は雨;;
今年は、もう月山はどうやら無理みたいだなぁ。
12年分お参りできる!ってことで、今年登りたかったのだけど、神様はきっと「楽してないで、毎年登れ!」とおっしゃっているのでしょう・・・(涙

そんなわけで、また天気予報とにらめっこ。
晴れてるのは関東方面だったので、日本百名山・四座目。
茨城県の秀峰「筑波山」に行ってまいりました。

磐越~常磐道と乗り継いで、約3時間。
筑波山神社脇の市営駐車場に車を止めて、登山開始です!

231006_1.jpg

筑波山には、複数の登山ルートがありますが、今回アタシらが登るのは「御幸ヶ原(みゆきがはら)コース」と呼ばれる、ケーブルカーの軌道と並んで登っていくコースです。
筑波山神社の鳥居をくぐって、境内の奥にケーブルカーの乗り場と、登山道の入り口があります。

231006_2.jpg
さすが筑波山!いたるところに、名物?!「ガマの油」が売られています。
これって、本当は成分、いったい何でできてるんでしょう・・・^^;

231006_3.jpg
立派な随神門。

231006_4.jpg
さざれ石って、ココにあったのか!!

231006_5.jpg
境内の奥の、この鳥居をくぐって、ようやく登山道に入ります。
いつも思うけど、登山道に入った途端の、緑の匂いがなんともいいのです^^

231006_6.jpg
最初のうちは、なだらかな広い道。
まだケーブルカーの始発前の時間なのに、トレランさん達は、もう汗だくで下山してきています(凄!

しかし・・・
暑い!!!!!
9月半ばだと言うのに、本日の最高気温は35度!
おまけに台風接近中で、ものすごい湿度!
拭いても拭いても、汗が流れ落ちます。
フツウ、汗ってある程度かくと、止まったりするもんなのですが、今回の筑波山は、山頂に着くまでずーっと汗かきっぱなし・・・^^;
夏場に低山に登ると熱中症になるって読んだことありますが、コレはほんとにやばそうです・・・。

231006_8.jpg
登山道も、険しくなってきて、渋滞が始まりました。
登る前に見上げたとき、山頂付近はカサをかぶっていたので、どうやら雨が降っていたらしく、ところどころかなりのぬかるにみになっています。
岩場が多いので、滑る^^;
あっちこっちから、「ぎょえー!」とか「ギャー!」とか悲鳴が聞こえるように・・・(汗

231006_9.jpg
途中、こんな風にケーブルカーが見えたりしますw

延々と眺望のない樹林帯のキツイ登りを登っていると、やがて植生が変わり、空が明るくなってきました。
山頂近いぞ~、もう少しだ、ガンバレ!
231006_10.jpg
最後の心臓破りの、段差がビミョーでかえって登りにくい階段。
いやー、低山だと思ってなめてましたが・・・

なめんなよ!筑波山!
って感じで、けっこう登り甲斐のある、しんどい山でしたw
とにかく、登りっぱなし。おまけに展望がないので、途中の達成感が感じられない。
そして、高度が上がれば上がるほど、急になる斜度。

一時間半ほど、けっこうしんどい思いをして、たどりついた場所は・・・
231006_13.jpg
まるで公園のような観光地でございましたw

今回写真が多くて重くなりそうなので、いったん折りたたみ。
続きは、コチラ↓から。
とにかく暑い!死ぬほど暑い!
オーバーヒートしそうな体を、冷やさないと!
ってコトで、売店でカキ氷を食べました。カキ氷なんて、いったい何年ぶりに食べたかなぁw
231006_11.jpg
氷が細かくサラサラで、美味しかった~♪

231006_12.jpg
御幸ヶ原からの景色。
関東平野が望めます。

まずは、ここから近いほうの「男体山」の山頂を目指します。
整備はされているけど、ところどころ岩場のある登山道。ストックをしまって、軍手装備で登りました。
231006_14.jpg
山頂には祠と、展望台があります。

いったん御幸ヶ原に降りて、今度は「女体山」を目指します。
こっちは男体山への登りと違って、ゆるい傾斜の整備された遊歩道と言う感じ。
ただ、朝の雨で濡れた岩は滑るし、ぬかるみもすごいです。
女体山のほうにロープウェイの駅があるので、観光客の人が革靴やサンダルで歩いてたりしますが、けっこう危ないです^^;

231006_15.jpg
途中にあった「ガマ石」
カエルに見えない・・・こともない?w

ロープウェイ駅への分岐を通り過ぎるとすぐに、かなり立派な石造りの神社があって、そこが女体山の山頂。
231006_16.jpg
日本百名山・筑波山山頂。標高877メートル。

それにしても・・・
すっごい人!
この標柱を撮影するのに、人が引けるまでかなり待ちました^^;
ラッシュ家の写真は、ラッシュ家を入れないで撮影するので、「ここでこれから写真撮ります!」と言う意思がなかなか周りの人に伝わらないのです;;

遊歩道を御幸ヶ原にまた戻ります。
ここも、もうすごい人で・・・
ここはいったい、山?それとも、街?
いつもクマに怯えながら、人の少ない東北の山を歩いているので、このギャップはすごい・・・w
高尾山なんて、今はもっとスゴイんだろうなぁ~w

実は今回の登山の前日に、ロコさんは足を痛めてしまったのです;;
怪我したわけじゃないんだけど、履きなれないミュールサンダルを履いて、ほんの少し歩いただけなんだけど、両足の小指にマメができて、それが思いっきり潰れてしまったのです;;

登山自体中止しようかとも話してたんですが、せっかく予定立てたんだし、観光地化されてる筑波山だし!
痛くなったら正直に言うってコトで、決行。
登りは靴の中の重心がカカトにかかるので、あまり痛い思いをせずにすみました。

が・・・
下る自信がない;;

そこで・・・
231006_17.jpg
ジャジャーン!文明の利器!(ぉぃ

231006_18.jpg
乗っちゃいました!(マテ!

一時間半もかけて登ったのに・・・
下りは、8分でした!(死
文明って、ほんとすごいですね!

筑波山神社の境内に戻ってくると、そこで「ガマの油売り」の口上をやっていました。
231006_20.jpg
見学させていただきましたw

コレがけっこう面白いw
えええええええ、ガマの油って、そんな風にして採取するんだ?!(謎
興味ある人は、調べてみてくださいw

下山後は、恒例のソフトクリーム♪(山頂でもカキ氷食べたのに!?)

231006_19.jpg
降りてきて見上げた筑波山。
見上げてビックリ!険しいっ!
登る前は山頂付近はカサをかぶっていて見えなかったのだけど、こうやって見るとすごい!

筑波山にも温泉はいっぱいあったのですが、やはり高いのでパス(汗
栃木まで走って、道の駅はがにある「ロマンの湯」(温泉じゃない?)でさっぱり汗を流しました。
栃木まで来たら、ラッシュ家恒例!
餃子の正嗣に行かなくては!
我が家は、いつも「氏家店」に行くのですが・・・
本当に、美味しい!
機会があったら、みなさんもどうぞ~^^
ただ、餃子しかありませんw
ゴハンも、飲み物も、ラーメンも、何もありません。本当に餃子のみ!w(焼き餃子か、水餃子かは選べますw)
おまけに、氏家店は、スタッフの男性陣が、みんな「同じ顔」をしているのがすごいです(ぉぃ
お父さんと、息子さんと・・・こっちは、おじさん?^^;

筑波山土産。
231006_21.jpg
カエルちゃん♪
ザックにぶら下げました。
山登りから、「無事カエル」のお守りのつもりw
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ロコ・スプラッシュ

Author:ロコ・スプラッシュ
イケメンが大好きな、
ノーキン志望のヘタレ軍人です。

フリーエリア
カレンダー(月別)
06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。