FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*秋田駒ケ岳*

毎回山日記で、ごめんなさい・・・。
他に書くようなことがありません(涙

だいぶ前になりますが、7/5(土曜日)のお話です。
今回は、長年の憧れの山「秋田駒ケ岳」に行ってきました。
「駒ケ岳」と言う名前の山は、全国にたくさんあるようで・・・。
アタシが知ってるだけでも、北海道駒ケ岳・会津駒ケ岳・越後駒ケ岳・木曽駒ケ岳・箱根駒ケ岳などなど・・・。
名前の由来の多くは、春の融雪とともに山肌に出来る「雪形」から来てるのです。
麓から、そのカタチを見て、昔の人はいろんなモノに見立てていたようで。
馬のカタチに見えるのが多かったんでしょうね~。

ちなみに、福島県の磐梯山には「虚無僧」の雪形。
吾妻山には、「雪うさぎ」の雪形が、春になると浮き出てきますw
どちらも農事暦に使われていて、種まきの目安にされていたそうです。

秋田駒ケ岳は、日本百名山には入っていません。
でも、どうして選定から漏れたのか分からないくらいのステキな山。
6月の終わりから、7月始めにかけて、高山植物が咲き誇り、花の百名山として知られている山です。
そんなお花を見に行きたくて、ずっとチャンスを狙っていたのですが、この時期は梅雨で天気に恵まれないのと、ミラクルさんの上半期の超繁忙期にいつもぶつかるので、なかなか行けずに数年憧れ続けていました。

今年は、ミラクルさんに体力を温存しておいてもらって、なんとか行ってくることができました。
AM2:30に家を出発。山の朝は早いのです!
東北道をひたすら北上、盛岡ICで高速を降り、雫石方面へ。

秋田駒ケ岳の一般ルートは、田沢湖側の8合目登山口から登るルート。
でも、今回ラッシュ家は、お花畑目的で、若干難易度の高い岩手県の国見温泉から登るルートを選びました。

260720_1.jpg
秘湯、国見温泉。
温泉旅館裏手の、右手の山が登山口。
宿の少し手前に、登山客用の駐車場と、公共トイレがあります。
トイレには、めっちゃデカデカと、「クマがいます!」の注意書きが(汗
まぁ今日は、人も多いし、鈴鳴らしながら歩けば、大丈夫でしょう・・・。

260720_2.jpg
最初は、こんな感じのブナの森の中を登っていきます。
階段や、木道で、よく整備されていて、とても歩きやすい登山道です。
早速、ここからお花のお出迎えが^^

260720_3.jpg
ウラジオヨウラク

260720_4.jpg
イワハゼ

どっちもカワイイ!
うちの庭に咲く、ドウダンツツジもそうだけど、このツリガネ型の花って、どうしてこんなにカワイイんでしょう~。

花に癒されながら、汗をカキカキ、一時間も登ると、横長根と言う尾根に出ます。
260720_5.jpg
ここからは快適な尾根歩き・・・
と思っていたのですが、虫が多いっ!
虫除けの塗り薬を、いろんなところに塗りたくりますが、塗ってるとこにたかってくるのはナゼ!?(号泣
バックパックに蚊取り線香ぶらさげてるおじ様が、とっても羨ましくなります;;
ラッシュ家も、次回から蚊取り線香プランにしようかな・・・。
虫を引き連れながら、ハーメルンの笛吹き状態で歩く尾根(涙

260720_6.jpg
大焼砂と呼ばれている黒い砂の斜面が見えてきました。
昔の溶岩流の後なのでしょうか・・・。
青空は見えず、どんより霧の中です。

260720_7.jpg
ここで道は、二手に分かれ、大焼砂の稜線を歩いて行くコースと、斜面を横断して、「ムーミン谷」と呼ばれている谷に下りていくコースとに分かれます。
ラッシュ家は、ムーミン谷コースへ。
このムーミン谷に、お花畑があるのです(ワクワク

ムーミン谷に入ってすぐ
260720_8.jpg
ハクサンチドリ

260720_9.jpg
チングルマ

260720_10.jpg
ヒナザクラ

もう、まわり中お花だらけw
ここで、いったん小休止。お花を見ながら、おやつタイムですw

更にムーミン谷を進んでいくと
260720_11.jpg
なんだかもう、すっごいキレイなんですけど!
緑の絨毯の中に白く残る雪渓。お花畑。鏡のような駒池。
くねくねと伸びる木道。
天国のような場所です。

260720_12.jpg
黄色の花は、難しい・・・
コレは、ミヤマキンポウゲ

260720_13.jpg
チングルマのお花畑!
でも、若干終わりかけw
あと一週間早かったら、もっとキレイだったかも~。

260720_14.jpg
イワカガミ

260720_15.jpg
お花畑の中の、こんな道を歩いていきますw
みなさん、お花に見とれていますね~。

長くなるので、いったん折りたたみ。
続きは、↓からどうぞ~。

さて、ムーミン谷のお花畑を、満喫したラッシュ家ですが・・・。
ここからが、たいへん!

男岳(おだけ)への稜線に向かって、ほとんど崖のような斜面を登らないといけません(汗
はい、↑の写真で、右側にそそり立っている崖を登らないとなのです。
一応ジグザグに道はついていますが、かなりの急斜面。
体力的には、なんなく登れましたが、途中3箇所くらい、ここでバランス崩したら、間違いなく下まで転げ落ちて死ぬな~ってとこがありました(超汗
滑落じゃなく、転落・・・ですね(怖
おまけに、この斜面を上から下ってきたおじさんが、大人の頭くらいある石を落としてしまい・・・
そのデカイ石は、止まらずに斜面を転げ落ちていきます^^;
下からも登ってくる人がたくさん!当ると、ただ事ではすみません^^;
こういうときは、みんなで「ラーク!ラクラク!」と大きな声で、下の人に知らせるのです。
これ、ロック(岩)のコトだとずっと思っていたのですが、なんてことはない日本語だそうで「落石(らくせき)」の「ラク」なんだそう(小声

幸い、大きな石は、アタシらの脇をかすめ、そこの崖っぷちギリギリで、止まりました(汗

260720_16.jpg
崖を登ってる途中振り返ったムーミン谷。
グルグル渦巻きのカワイイカタチをした小岳が見えます。

男岳の細い稜線に出ると、稜線の向こう側の景色が見えます。
田沢湖側の8合目から登ってきた人たちがたくさん阿弥陀池のほとりで休んでいますw
260720_17.jpg
ムーミン谷側と違って、こちらの斜面はなだらかですw

男岳にも登ろうと思っていましたが・・・
260720_18.jpg
こんな状態で、登っても何も見えなさそうなので、やめましたw
ミラクルさんもトイレに行きたいと言うので、阿弥陀池に下りることに。

260720_19.jpg
下から、どんどん雲が湧いてきます。
青空も、少し見えてきました^^
阿弥陀池のほとりには、立派なトイレと、キレイな避難小屋があります。
ベンチもたくさんあって、みんなここでお弁当を広げたりして休んでいます。
ラッシュ家も、ここでお昼休憩~。

260720_20.jpg
秋田駒ケ岳最高峰、男女岳(おなめだけ)
秋田駒ケ岳には、男岳(おだけ)・女岳(めだけ)・男女岳(おなめだけ)がありますw
この山は、オネエなのでしょうか(違

白い雲が湧いて・・・鳥のさえずりが聞こえて・・・
そよそよと、気持ちのいい風が吹いて・・・
ここは天国?
とーっても、気持ちよくて癒されます。

ガッスガスで、何も見えなさそうですが、折角なので男女岳に登ってみることにしました。
260720_21.jpg
エゾツツジ
男女岳の斜面も、いろとりどりの花・花・花!

20分も登ると、山頂ですw
260720_22.jpg
1637メートル。
あんまり高い山ではありませんが、充分高山気分を味わえますw

いったん、阿弥陀池湖畔に下って、もう後は休まずに、帰路につきます。
ここからは、元来た道じゃなく、横岳方面から、大焼砂経由で、国見温泉に下ります。
260720_23.jpg
大焼砂の斜面には、コマクサ

大焼砂の稜線を歩いていると・・・おおっ?おおおおっ?
なんだか、雲が上がって、景色が見えてきた?!

260720_24.jpg
ばーん!w
さっき歩いたムーミン谷の全容が見えました!
左の山が、女岳。一番奥の山が、男岳。
雪渓を携えた駒池と、クネクネ伸びる木道も見えます。

最後の最後に、一番キレイな景色を見ることができました^^

260720_25.jpg
大焼砂の稜線。
また、雲が通りすぎ、振り返るとムーミン谷は、また霧の中。
ミラクルさん曰く、山の神様が「またおいで~」と言って、ご褒美にいい景色を一瞬だけ見せてくれたんだよ~とw

260720_26.jpg
雲の向こうに、田沢湖が見えました。

いろんな山に登ってきましたが、今回の秋田駒ケ岳・・・
アタシの中では、ベスト3にランクインするくらい、ステキな山でした!
今度は、秋田側からも登ってみたいな~。

●おまけ●
帰りに、道の駅「雫石あねっこ」で、温泉に入って、恒例のソフトクリームタイム!
ただ、この日は、温泉がボイラー工事中とのことで、温泉じゃなく普通のお湯でした(号泣
さっきの国見温泉で、入ってくればよかった~!;;

260720_28.jpg

ここのご当地ソフトは、「ひとめぼれソフト」
炒ったお米が入ってるそうで、香ばしい味がします。美味w
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

なんて危険な登山 ((((((;≧□≦)))))) ガクガク
山のお花はどれもこれも可憐ですね~~

No title

あい、危ないです;;
このルートを通らなければ、危ないところはないお山なのですが・・・
ヘリ搬送されないように、重々気をつけます(汗
高山植物って、可憐だし、過酷な環境に耐えてる姿がとってもけな気だし、癒されるのです^^
プロフィール

ロコ・スプラッシュ

Author:ロコ・スプラッシュ
イケメンが大好きな、
ノーキン志望のヘタレ軍人です。

フリーエリア
カレンダー(月別)
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。